日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > 活動内容 > 予定セミナー > AutoCADで描く機械要素テクニカルイラスト講座
予定イベント
参加イベント
予定セミナー
過去のセミナー
特許図面研究会
研修旅行・見学会
運営委員会
総会
懇親会
平成26年度・予定セミナー
■平成26年度JAVC年間予定表(PDF)ダウンロード
写真トレース に役立つ透視図(パース)の手描き実習
会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟C-412
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
詳 細
写真トレース...。


マニュアル制作に従事している方々には日常茶飯事の作業です。

特許図面関連の仕事をしている方々も、斜視図を作成する場合に写真や3D画像をトレースする事も多々あると思います。

その様な仕事をしている皆さんは、透視図に関しての知識に自信がありますか?



写真や画像のトレースというのは、ズバリ透視図を描いているのです!




実は、その当りの事になると、私も少し不安です(当セミナーの講師ではありません...断っておきますが...)。


以下、当セミナーの概要です。

------------------------------------------------

写真トレースでは、写真だけでなく、様々な過去のイラスト、別の角度の写真やCAD出力図まで活用することを含めると、透視図の理解が不可欠なものとなります。

透視図とは、目、カメラ、絵などに共通する仕組で、3次元の物の形体情報を2次元に移す投影法の一つです。

レンズという一点を全ての光線が通過することから中心投影法と呼ばれます。

この方式によって、透視図では遠くの物がより小さく描かれたり、元々平行な二本の線が平行ではなくなるなど、作図上は複雑です。

今回は、平行線が共通の消失点を持つという理論を利用して、勘ではなく正確な透視図の描き方を手描きで実習します。

------------------------------------------------

当セミナーを受講する事によって、写真トレースという作業をするにあたっての、今までとは違う見方、考え方が身に付きます。


その理論を理解するという事は、こういう場合にはこの様にすれば効率が良い、この場合の対処方法はこれだ!と言うような正確な判断の基本や発想の転換にも繋がり、同業他者と差別化を計る事にもなるでしょう。


受講者の皆さんのスキルアップにつながる事間違いありません!


是非、多くの方のご参加をお待ちしております。

講 師 ■日本ビジュアルコミュニケーション協会会員 : 田代 泰夫氏
開催日時 平成26年8月23日(土)  13:00〜17:00
参加費 JAVC会員:無料 一般:5,000円
備 考 筆記用具持参
申込み お申込みはこちらから
■平成26年度JAVC年間予定表(PDF)ダウンロード
※全てのイベントにつきまして、参加予約が必要です。
※参加費については当日会場受け付けまでご持参ください。
※NOMYCは、国立オリンピック記念青少年総合センターの略です。
http://nyc.niye.go.jp/
※KOKO PLAZAは大阪市立青少年センターの略です。
http://www.kokoplaza.net/index.html

※予定および未定事項は、決定次第随時更新致します。
※内容につきましては、都合により変更となる場合があります。あらかじめご確認の上ご参加ください。
     
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.