日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ
Home > ミニ講座 > 3Dのお話し > はじめに
はじめに
2次元から3次元へ
テクニカルイラストレーターにとっての3D
どこで学ぶか
3次元CAD選定
3次元形状の表現
ワイヤーフレームモデル
サーフェスモデル
面の種類
ソリッドモデル
機械系のCAD
3Dのお話し
はじめに
工業製品を作る場合、その前に設計図を作ります 。
ひと昔前までは、主に3角法といわれる方法を使って、図面を描いていました。
図面を描く方法も、鉛筆・定規などを使う方法から、CADを使って描くようになりました。
CADを使うといっても、作図する道具が鉛筆&定規から、コンピューター&CADソフトに移行しただけです。
ですから最終的な図面の正確さは、作図者の技量によるところが大きかったわけです。

ところがCADソフトが3次元機能を持つようになってから、ものの形状を表すために立体的に表現することが多くなってきました。
製造工程のことを考慮する必要がないことから、既にCGの分野では3次元CGが用いられています。
それに対し、CADの分野では、「ものをつくる」ことが目的です。
「ものを表現する」だけのCGのように、簡単には済みません。
一口に3Dといっても、CADとCGでは、利用の仕方がかなり違うことは、容易に想像できるかと思います。

前ページ | 次ページ
【情報提供者HP】
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.