日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > 3Dデータからの分解図作成方法


テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。
XVL Studio Basicによる分解図作成

1.3DACDの壁
最近では、大手機械メーカーはもとより、中小のメーカーさんも3DCADを使用した設計が主流です。

もちろんまだまだ2Dで設計しているところもありますが、世の流れは3Dに移行しています。

私たちテクニカルイラストレーターにとって、今までの2D図面からイラストを制作していく機会がどんどん減りつつあります。

しかし、製品を作るからにはパーツリスト(カタログ)は不可欠なものです。


3DCADというものは非常に高価です。

メーカーさんが使用している3DCADは100万円以上のものがほとんど...。

これを個人でそろえるのは...。



お付き合いするメーカーさんも1社であれば...長続きするのであれば...3DCADの導入も視野に入りますが...メーカーさんに合わせてバージョンアップ...これはきつ過ぎます!

数社あればそれぞれの3DCADをそろえるのか?



しかし、世の流れには逆らえない...。


では、個人事業主として、あまりお金をかけられない立場の人間がどう対処すればよいのか!



      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.