日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > 3Dデータからの分解図作成方法


テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。
XVL Studio Basicによる分解図作成

3.XVLデータの利点
私は現状(2013.5現在)、週2回くらいのペースで特許事務所へ伺って、そこで図面(いわゆる説明図です)を作成しています。


最近では、メーカーさんから3DCADのデータをいただいて、そのデータから図面を作ることも増えてきました。

3DCADのデータといっても千差万別...メーカーさんによってバラバラなのです。


いつも話題になるのが、このデータはどのソフトで見ることができるのか?ということ...。


同じCADがあれば問題ないのですが、そのような設備投資は特許事務所は乗り気でない!

でも見れないと困るんで、最近4万円ほどのビュワーを入れました。

この4万円でも結構渋々だったみたいです。


「ビュワーなんかフリーでもあるでしょ。」と言われそうですが、Paiasolidを見れるビュワーはフリーではありません。


Parasolidを見れるという事は、カーネル(3Dを扱うための核となるプログラム)を使用しており、この使用権が確か有料だったはずです。


ですから無償提供するためには何かの見返りがないと...。ですからフリーは基本ありえないんです。



で、4万円ほどで導入したビュワーですが、Parasolidデータをそのままビューイング!


ノートパソコンが...動かない!!!


そりゃあ、200メガもあるデータをクルクル回して見るのには、それなりのマシンパワーも必要です。


普段、文書を作るの専門に仕事をしているような会社なので、パソコンスペックはかなり寂しい物が殆どです。



そのカクカク何とか動くビュワーで仕事を進めているようです。


私は幸いParasolidをXVLに変換するすべを何とか作り出しているので、数十分の1程度の容量でクルクル回転させて、超効率アップ!!!

この辺が何と言ってもXVL Studio Basic導入の最大の利点です!


XVLに変換できる方法があれば、XVLビュワーは無償提供なので複数のパソコンでデータを共有できます。

効率は格段に上がります!



      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.