日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > 3Dデータからの分解図作成方法


テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。
XVL Studio Basicによる分解図作成

5.視点の回転
いろいろな作業をするためには、視点を回転する必要が出てきます。。

もちろん業務での作業なら方向は初めから決まっていると思うので、その方向にあわせます。


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成6


一般的には上記の”回転ツール”で回転させて、見えやすいところに設定します。


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成7


しかし、これから例えばアイソメ図にしたいと考えているなら、これでは角度設定が曖昧すぎます。


きちんと角度が設定できないのであれば、このソフトは「使えない!」となってしまいます。



そこで、角度設定には”数値指定”を使用します。


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成8

ボタンが出ていればこれです。


メニューでは、以下の場所にあります。

XVL Studioによる3Dデータから分解図作成9




      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.