日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > 3Dデータからの分解図作成方法


テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。
XVL Studio Basicによる分解図作成

6.正確な視点の指定方法
下の”ビュー設定”のダイアログが表示されます。


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成10



この状態で各角度を指定する方法もあるのですが、今回は”方向指定タブ”をクリックします。


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成11


ここで、以下のように設定すると...


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成12


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成13


画面は上図のようになります。


いわゆる正確なアイソメ図の角度です!


これで、左下にベアリングなどの部品が見えるようになりました。



もちろん、いろいろな組み合わせで表示できます。



      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.