日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > 3Dデータからの分解図作成方法


テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。
XVL Studio Basicによる分解図作成

12.出力イラストの品質向上-1-
イラストを細かく見てみますと、例えば以下の破線の部分が抜けています。

XVL Studioによる3Dデータから分解図作成34


ここを表示させるようにするには”イラスト出力”で最大抽出角度の135を例えば175にします。


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成35


XVL Studioによる3Dデータから分解図作成36

すると上記のように表示されます。

面と面の接続角度が135°より大きかったという事です。

残念ながら外形線としてグループ化の対象にはならなかったようですが...。

XVL Studioによる3Dデータから分解図作成37

できれば上記のようにしたいので...。




      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.