日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > テクニカルイラストレーターになるには?〜仕事の請け方
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。

※なお、本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものですので、内容について日本ビジュアルコミュニケーション協会の責によるものではありません。

■仕事の請け方
フリーにもいく通りかの形態があります。
最初からどの形態のフリーになるかなどはなかなか決められないですが、一応目標としておくのも営業の目安にはなるのではないでしょうか。


@.特定のメーカーの外注として仕事を受けている場合
フリーの理想形といえると思います。特定のメーカーと付き合うだけで生活できると言うことは、それだけ大手の企業であり、仕事量もある程度確保でき、安定するからです。
自動車メーカーなどのお抱えのような形態で働いている方々がこれにあたります。メーカー直ですので、比較的請負金額も期待できます。
但し大手企業になると、新機種発売時に作業が集中してしまいますので、その時期は地獄のような忙しさになります。
またそういう仕事はある程度の規模のマニュアル制作会社さんが入っていることが多く、後からそこに食い込んでいくのはコネでもない限り難しいです。
まあ常に挑戦していくべきかと思いますが...。


A.特定のイラスト専門会社や印刷会社の外注として仕事を受けている場合
信頼されるまでになると、かなりの作業量を期待できます。
請負金額はメーカー直に比べると少し下がりますが(これは時と場合によります...もちろん)、専門会社さんは複数のメーカーさんと付き合っている為、仕事が途切れることが少なくなるので助かります。
但し一度何かの事情(その専門会社さんが倒産するなど)仕事が途切れると、自分で営業することになれていない場合が多い為、困ることにもなります。


B.複数のメーカー・専門会社と付き合う場合
特定の会社と付き合うのではなく、複数の企業を対象とする形態です。
仕事量が不安定になりがちですが、1〜2社仕事の量が減っても対応ができます。それなりの仕事量を発注する企業数社と付き合うことができれば、仕事が途切れることも少なくなります。
企業ごとに支払条件や単価等全てにおいて異なるので、対応が難しいという反面もあります。


私は、Bに属すると思います。但しAのスパイスをきかせながら・・・です。
      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.