日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > テクニカルイラストレーターになるには?〜テクニカルイラスト作成のいろいろ
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。

※なお、本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものですので、内容について日本ビジュアルコミュニケーション協会の責によるものではありません。

■テクニカルイラスト作成のいろいろ
テクニカルイラストを描くといっても、いろいろな作業形態があります。その辺について少し・・・。

●組立図面と部品図からイラストを描く場合
非常に基本的な形態です。TIを勉強するときは必ずこの方法で描いていると思います。
ただ、メーカーさんによっては組立図を作らないことも多いので、全てこの形態で作業できると思わないほうが良いと思います。
また、図面が揃っていても、購入品(電機部品等、外部から購入して製品の部品として使っている物)は図面が無いことが多く、その場合カタログや現物、写真等から大きさを合せて描くことになります。

●部品図しか無い場合
部品図と何らかの資料(先方が描いたポンチ絵/写真等々)から組立順序を推察して描く場合です。この場合、なるべく自分で写真を撮る様にすると理解が早いです。判らないところは経験と感で描きます。まあ間違っていても一次校正で指摘されますので・・・。

●現物から描く場合
現物を総分解して寸法を詳細に測りながら、または大まかな寸法を測っておいてあとは経験で描く場合です。どうしても分解できないところが出てきますので、経験が必要です。また分解する工具を揃えなければならないですし、その使い方も知らないと困ります。
特に、樹脂やプラスチック製品は分解時に破損する恐れがあります。かく言う私も何度かやりました・・・。

●写真しか無い場合
もうここまできたら、男は根性、女は愛嬌ですか・・・。時間をかけず、適当(適切!)に描いて早めに校正だしします。あとは先方がチェックしてくれますので・・・。

大きく分けると、こんなところでしょうか。臨機応変にやっていかないと、できないですよね。

もちろんこれらは分解図を描く場合に言えることで、操作方法などを説明するカット図作成のときなどは大抵写真のトレースになります。
こちらが専門のテクニカルイラストレーターの方が、今は主流なのかもしれませんが...。
      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.