日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > 機械要素の描き方〜Oリング
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。

※なお、本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものですので、内容について日本ビジュアルコミュニケーション協会の責によるものではありません。
機械要素の描き方

今回はOリングの描き方です。
テクニカルイラストの描き方を紹介している本などには、楕円度(楕円のつぶれ方)が異なる楕円を使用する方法が掲載されている場合が多いようです。この方法だとリングの中心が35度楕円と考えて、外径を40度楕円で、内径を30度楕円で描くようです。
通常、管理人は別の方法で描いています。35度楕円のみで描く方法です。
ここでは、その方法を紹介致します。
@.外径を表す35度楕円を描きます。
A.中心を合わせて、内径を表す35度楕円を描きます。
B.2つの楕円の長軸の間隔を把握します。ここではわかりやすくする為に赤円を描いてみました。
C.その赤円を短軸の幅の部分の外径楕円に接する部分に置きます。
D.内径楕円を赤円に接する部分まで、”垂直上方に”ずらします。
E.同様のことを上の内径楕円でもやればよいのですが、あえてここではその上の内径楕円を削除します。
F.下の内径楕円を、外径楕円の中心を通る水平線で180°回転複写します。
G.内径楕円が長軸部分で交差するため、上側の楕円を下側の楕円の所でトリムします。
H.不要部分削除で完成です。
この描き方はいかがでしょうか?手前の楕円で向こう側が隠れるようになるため、よりいっそう立体感が出ると思います。
通常は赤円は描きませんヨ・・・意識として等間隔になるようにします。
ただこの方法だと、実際よりは太目になるのが難点かな???

      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.